知って納得!Amazonの保管料

フルフィルメントって何?

フルフィルメントとは?

 ECサイトを運営する際に、商品の販売業務はとても重要な要素になります。しかし、顧客からの注文にはじまり無事商品を届けるまでを自社で完結させようと思うと、1つ1つの作業工程に、膨大な手間と時間が必要になります。商品が売れれば売れるほどその手間と時間が費やされ、結果的に経営するうえでの根幹業務に支障をきたすことも少なくありません。そこで今回は、EC販売業務の代行サービスである「フルフィルメントサービス」についてご紹介します。

フルフィルメントサービスの概要

消費者が商品を注文し、手元に届くまでの総合的な管理運営業務を「フルフィルメント」といいます。具体的には顧客からの受注処理業務、商品の梱包や発送、在庫管理、代金の請求や入金処理などの販売、さらには苦情・問い合わせ対応、返品業務なども含まれ、特にカタログやインターネットでの通販業務では欠かせない業務となっています。
一般的にはフルフィルメントサービスを行う企業には物流会社が多く、これまでのただ「モノを運ぶ」という業務内容から範囲を広げ、運営管理、顧客データ管理などまでトータルに提案し、請け負うサービスを展開するケースが増えています。

通販事業で注目を集めるフルフィルメントサービス

商品アイテム数が多く、たくさんの在庫を抱えることが必要なECサイトの事業者や企業が頭を悩ませることの1つが、個々の商品の梱包・発送作業の効率化はもちろんのこと、そもそもそれらの在庫をどこに保管するかなど、在庫管理の効率化ではないでしょうか。また、ECサイトの事業者やメーカー各社が商品を顧客へ運ぶ物流業務はもちろん、商品管理、運営業務などまですべて自社でおこなうことは難しく、またコスト削減、効率化の観点からフルフィルメントサービスをおこなう会社へ一括で委託するケースが増えています。例えば、Amazon.comが展開するフルフィメントサービス「フルフィルメント by Amazon(FBA)」や、ヤマトグループによるワンストップサービス、NTTデータによるスマートソーシング フルフィルメントサービスなどもその代表例となっています。

フルフィルメントサービスのメリットとデメリット

フルフィルメントを物流会社などに委託・外注することには、いくつかのメリットとデメリットがあります。以下にそれぞれをご紹介します。

フルフィルメントサービスのメリットとは?

大きくわけて3つのメリットがあります。  まず1つめのメリットは、商品の受注から梱包、発送、販売、決済、クレーム等の顧客対応、顧客データ管理までを委託先にトータルに任せられることです。つまり、商品を一度まとめて委託先のフルフィルメントセンターに送ってしまえば、手間をかけずに安定的に購入者に商品を届けることができます。商品の発送手配などにかかる膨大な時間を、商品企画や買取など別の作業に自由に使うことができるのです。これは、フルフィルメントサービスを委託することによる最大のメリットと言えるでしょう。  2つめのメリットは、在庫をストックするための倉庫を自分で用意しなくても良いということ。倉庫を自社で用意するということは、倉庫代はもちろん、そこで働く人的費用、商品状態を適切に管理するコストも必要になります。それらを一括して任せられるということも大きなメリットと言えるでしょう。  3つめのメリットは委託先にもよりますが、決済方法や配送の選択肢が楽に増やせるということも挙げられます。カード決済以外にもキャリア決済・コンビニ決済や代金引換での決済、ネコポスやはこBOONでの配送できる場合が多く、購入者の選択肢が増えることで商品販売力を上げることができます。

メリット

① 商品発送にかかる手間と時間が不要
② 在庫を保有する倉庫が不要
③ 決済方法の選択肢が増える

フルフィルメントサービスのデメリットとは?

もちろんメリットばかりではありません。  1つめのデメリットとしては商品発送をはじめ様々な業務を委託する手数料がかかることです。業務を外注するので費用がかかるのは当然といえば当然ですが、外注した分の時間を他にあてられるためその費用を高いとみるか、安いとみるかの判断となります。費用は委託先のサービスや、どの業務をどの範囲で委託するかなどによっても異なるので、利益を見越しながら自社にあったサービスを探すことも大切です。  2つめは、在庫管理を自社で行わなくなるため、リアルタイムでの商品状態の確認ができなくなることです。自分の目で確認をしたい場合には、委託先のフルフィルメントセンターから費用をかけて発送するなどの手間が必要になります。  最後に、顧客管理やコールセンター業務などまで委託する場合に、顧客のニーズや声が把握しにくくなるというのもデメリットの1つと言えるでしょう。直接お客様とやりとりをする機会が少なくなるため、いわゆる「お客様の生の声」を把握したいと思った場合は積極的な施作が必要になります。

メリット

① 手数料がかかる
② 商品状態の確認ができない
③ 顧客の生の声が把握しにくい

通販などの販売業務には多大な手間と時間、コストが必要になります。自社で効率的な販売スタイルが確立されているなら別ですが、「通販事業をはじめたばかりで何をどうして良いのかわからない」「商品が売れれば売れるほど、販売業務にコストがかかり利益を圧迫している」などの状況であれば、プロがトータルにサポートするフルフィルメントサービスを導入するのも1つの方法と言えるでしょう。

大手各社のフルフィルメントサービス比較

大手物流会社をはじめ、情報ネットワーク会社、通販会社など様々な企業が自社の強みを生かしたsフルフィルメントサービスを展開しています。各社の特徴を知り、自社にあったサービスを見つけましょう。

フルフィルメント by amazon (FBA)

いわずとしれたAmazon.comが展開するフルフィルメントサービスです。売りたい商品をAmazonフルフィルメントセンターへ納品すれば、注文から梱包、発送、返品対応まで一貫した販売業務を委託することが可能です。
最大の特徴は自社倉庫を起点とした独自の物流サービスと、ECにおいての圧倒的な知名度、ブランド力と言えます。初期費用がかからないので、誰でも手軽にはじめられ、個人から法人まで幅広く導入されています。

主な特徴

・ 初期費用や固定費が不要
・ 1商品1点から利用可能
・ 24時間365日、注文処理から出荷まで対応
・ 集客に有利なAmazonならではのブランド力
・ 配送後のカスタマーサービスや返品受付も対応
・ 様々な決済方法に対応

ヤマトグループのワンストップサービス

クロネコヤマトでおなじみのヤマトグループが販売代行をするサービスです。物流・決済&コミュニケーションサービスを中心にしたテレマーケティングで、電話による注文、問い合わせから荷物の保管・梱包・発送・配送までの業務をグループで一貫して行っています。ヤマトグループが一括管理しているので各場面での情報管理指示、またコスト管理・削減がなされやすい点が特徴といえます。

主な特徴

・ ヤマトグループの一括管理によるコストダウン
・ 受注から配送までのリードタイムの短縮
・ ヤマト運輸で培った信頼の物流ノウハウ
・ コールセンターによる高品質な電話対応
・ 情報管理など高度なセキュリティシステム
・ 配送情報のリアルタイムな把握が可能

NTTデータ スマートソーシング フルフィルメントサービス

ネットワークシステムサービスの大手であるNTTデータが提供するフルフィルメントサービスです。ネット通販やカタログ販売を行う企業に対し、撮影・採寸・原稿作成、注文データ登録、倉庫・在庫管理、配送、コンタクトセンターの運営、入金管理などまで、様々な業務の代行を行います。ECサイトを構築するところからその運用までワンストップで提供し、業務の効率化や省力化、それに伴うコスト削減をサポートします。

主な特徴

・ ECサイトの構築から運用までを一貫対応
・ 累計100案件以上の実績
・ マーケティング支援、顧客サポート、営業支援なども実施
・ 企業の要望に応じた個別案件に柔軟に対応
・ トラブル対応のアウトソースが可能
・ 多数の提携倉庫・配送会社・コールセンターを保有

千趣会 フルフィルメントサービス

ベルメゾンを中心とした通販カタログ事業を行う千趣会が提供するフルフィルメントサービスです。60年という長い歴史の中で培った様々な通販の成功・失敗経験を生かしたサービスが特徴です。物流やコールセンターでの情報、商品の流れを整理し、クライアント目線での最適なフルフィルメントを企画、設計、構築します。梱包形態から敏速な対応、お客様の声に真摯に向き合うコールセンター対応など、個人顧客の望む物流品質を理解しているからこそ可能なサービスができるのも特徴の1つです。

主な特徴

・ 60年の通販事業で培ったノウハウ
・ 全国3箇所に千趣会グループが大規模倉庫施設を保有
・ 運送会社との長年の協力体制により構築された信頼の品質管理・納期遵守
・ 高品質なコールセンター業務
・ 万全なセキュリティ対策
・ 柔軟なイレギュラー対応

フルフィルメントサービスはそれぞれの企業が展開するサービス毎に様々な特徴があります。ブランド力を活かして販売につなげたいのか、まずは低コストで導入していきたいのか、あるいはコールセンター業務に重きを置いて顧客満足度を高めたいのか。様々な選択肢のなかから自社にベストなサービスを導入できるよう、じっくり検討してみると良いでしょう。