会社概要

基本の考え方 中国ビジネスを進めるにあたり、是非抑えていただきたい点
常にシンプルに考える!
物事を考える際この3つのポイントにまとめる習慣をつけてみて下さい!
展開パターン

中国マーケット参入への主な展開パターンは以下の通りです。

代理店を見つけたい/自社で直接現地販売したい
某日系アパレル企業

現地にてバイヤーを開拓、取引開始後のフォロー体制を構築

現在、百貨店での小売販売を検討中
直近の日本関連展示会情報(上海)

今後数か月間だけでも、多くの日本関連の展示会が開催されます。日本企業や組織が主催・協賛に入っているため、数年前と比べ、展示会への出展も非常にスムーズにできるようになりました

ALL JAPAN SHOW IN CHINA 2011 (第一回目日本精品展)
主催・共催 中国百貨商業協会 (社)観光振興懇話会
日程 2011年7月14日~16日
出展内容 化粧品、健康サプリメント、介護用品、海産・農産・畜産物、芸術品、アパレル、医療用品、電化製品、自動車製品
国際ギフトショー
主催 上海マート/ビジネスガイド社
日程 2011年8月4日~7日
出展内容 贈答品類、家庭用品、装飾用品
日本消費品展
主催 上海会展有限公司
日程 2011年11月10日~13日
出展内容 消費財など
2011(秋季)上海紡織服装展覧会&繊研時尚展
主催 上海マート
協賛 日本株式会社繊研新聞社
日程 2011年9月21日~23日
出展内容 レディース、紳士服、カジュアル、子供服、アクセサリー、鞄など
2011(秋季)上海国際物産展~第1回日本食品飲料展in 上海~
主催・共催 上海マート/社団法人 日本能率協会
日程 2011年11月24日~26日
出展内容 食品、飲料
このページの先頭へ
展示会へ出展~チェックポイント~

より効果のある展示会にしていただくため、最低限チェックしていただきたい事項です。

展示会後のアフターフォロー体制ができているか。

展示会後に継続してフォローできるかどうかが、成約につなげるための大きなポイント。 少なくとも、中国語でやりとりできる体制を作ってください!

その展示会の効果は?

・エリア(地方都市か主要都市か)
・主催者のバイヤー誘致実績、主催者のメディア戦略は確認できているか。

商標登録はできているか

事業規模の大小に関わらず、必ず登録してください。

取引条件は明確になっているか

・FOB価格
・ タイムスケジュール(発注から納品まで)
・ ブランディング戦略(代理店の使い方)
・ 事業計画(←代理店から本気度を見られます)

パンフレットでイメージを表現できているか

日本語版をそのまま訳すのではなく、商品イメージ を強くアピールできるものを使用してください。

このページの先頭へ
テスト販売

機関、団体、自治体、会社などが様々なサービスを展開しています。自社のニーズにあったサービスを探してみても良いでしょう。

例)上海にある展示会場運営組織
上海マート(上海世貿商城有限公司)は、自社主催の展示会と併せて、お客様に現地有名デパートでの期間限定によるテスト販売を実施。 一般消費者の反応を見ることができます!

このページの先頭へ
代理店の活用

優良な代理店を上手に使うスキルが求められます!

「代理店」のチェックポイント

・ 貿易権を持っているか
・ 輸入経験の有無
・ 営業許可証の確認・企業調査(営業範囲の確認、年度会計報告書などの調査)
・ 売り場のチェック

代理店に売るだけでは、『ブランディング』はできない

・ 自社商品をどう広げていきたいか、自社主導によるマーケティング、投資計画なども必要
・ 中国メディアも積極的に活用する。

契約交渉

販売エリア、商標の使用、小売価格、支払、返品などについて、明確に規定。どうしても条件が一致しない場合は、「契約しない」と判断する力も必要。相手に押され過ぎない。

債権回収

・ 取引開始後は、徹底的に回収を行う。
・ 先方が支払条件を履行しない場合は、取引を停止する覚悟が必要。
・ 売上ではなく、『キャッシュ』を意識する。
・ やり取りは書面で残す。

このページの先頭へ
現地設立法人

日本のように簡単にはできません。「人」が非常に重要です。

設立の流れ

上海で貿易会社を設立する場合、登録資本金は1,000万円以上が相場。 (注意! 総投資額=登録資本金+借入枠) 登録に要する期間:物件契約締結後、営業許可証取得まで約3か月。 その後、一般納税人資格(増値税発票を発行できる資格)取得まで、約3か月。

小売免許について

登録した場所が小売可能な場所ではない場合、別途小売店舗の契約が必要。 但し、上海で百貨店に店舗を出す場合は、小売免許が不要なケースも多い。

このページの先頭へ
小売店舗展開
バイヤーor直販
百貨店
百貨店への支払いは、最低限度額保証+売上の20~25%もしくは、売上の30~35%というケースも。 百貨店の競争が非常に激化しており、百貨店の経営状況が大きな鍵になる。 キーマンは、フロアマネージャー
路面店
全国的に伸びている販売形態。 店は小さいが、流行商品を扱っている。 直販の場合は、不動産契約を十分にチェック!
ブランド専門店
ブランドを定着させるにはベストな方法。 高い売上も期待できる。
常にブランディングを意識する
中国は現在、百貨店の建設ラッシュ。
百貨店側は、テナント募集に必死。百貨店のマージン、
支払期間、エリア、消費者層、他テナント状況など十分に
ヒアリングする必要がある。
ネット販売の活用
タオバオサイト
タオバオワン (C to C)
メリット
日本人個人でも出店が可能(中国人の保証人が必要)。出店料が無料(ただし、広告費は別途)
デメリット
現在、出店者数約100万件超。競争が非常に激しい。
模造品が多く、商品の信頼性を勝ち得るまでが大変。
タオバオモール (B to C)
メリット
商品に対する信頼性が高い。
デメリット
出店料、売上手数料を支払う(開店時:16,000元)。
出店の審査基準が高い(中国国内の小売ライセンス/商標登録)
チェックポイント!
ターゲットを絞る(価格帯、店舗イメージ、差別化等)。
“ライバル”の戦略をチェックする。
積極的にどれだけ“売り”をしかけられるか
徹底したマーケティング戦略が必要

サイテキが持つEC対応ノウハウを無償・有償問わずお教えします。 システム会社様は共に商品開発しませんか?物流倉庫会社様には対応ノウハウを共有しお客様を共にサポートしませんか?

EC事業者様向けの物流を開始するためのシステムの相談も承ります。 開発の補助、商品の紹介、単なるご相談なんでもお問い合わせください。

お問合せはこちら
このページの先頭へ
トピックス
支援サービス提供会社向けメニュー